筆者が考えるお勧めの基準とは

レンタルオフィスとバーチャルオフィスのどちらいいかというと当然状況により変わります。しかしできることならこの規模の場合バーチャルオフィスの方がお勧めです。しかしあえてサービスオフィスを選ぶとしたらどの点から選ぶべきか考えてみました。

選ぶべき基準

筆者が考えるサービスオフィスを選ぶ基準を

費用

選択肢として一番あげられることはその費用です。年間100万円以上かかるものなのでできるだけ料金はおさえたいものです。しかしみかけの料金はどこも変わらないでしょう。月額費用も大事なのですが、初期費用や更新料、解約時の料金などトータルでの費用で考えてみてください。とにかく解約時を基準に選ぶことをおすすめします。

場所

やはり場所は大事です。来客がある可能性もあるので、最寄り駅から遠いところよりも主要ターミナルから駅近の物件がいいでしょう。駅近といってもマイナー路線はおすすめしません。来る方も嫌がりますし、自分が通うのも大変です。東京近郊でしたら渋谷/新宿/池袋/銀座あたりはいいですね。もちろん青山/表参道などもいいと思います。

難しいのが横浜方面です。横浜駅はいいのですが、そこから少し足を延ばした場所にあるところもあります。そこはおすすめできません。特にみなとみらい線は料金が割高なので正直止めた方がいいと考えます。また海の近くもロケーションはいいのですが、働く場所としてはさほど意味を持ちません。できるだけ主要駅近くの方がトータルでみるとおすすめできます。

ビジネス

自分のビジネスにプラスになるようなレンタルオフィスなら迷いなく選びます。例えばビジネスに役立つかどうかであげた点です。ただしこの点でおすすめできるところは正直ありません。どこも貸すだけというところが多いからです。ビジネスに繋がるところというのはその内容がインターネットで見ることができます。逆に言うとネット上で評判にならないところというのは利用価値が低いといえます。