オフィス選びは慎重に決めてください

SOHOの皆さんがまず最初に決めるのが会社の所在地選び。「自宅兼では住所を出したくないから嫌だ」そんな方も多いことでしょう。筆者もそうです。家には子供もいるのでできるだけ違う場所をオフィスにしたかったのです。でもきちんとした事務所を開くだけの資金がない。。。そういう場合に役立つのがバーチャルオフィスをはじめとした仮想オフィスというものです。

しかし確かに便利なサービスですがどこを利用するのかは慎重に選んでください。筆者が実際に利用して感じたことは会社によっては非常にお役所的であるということです。SOHOの味方のはずなのに知らないうちに不利な条件で契約していることもあります。どんな点を気を付けるべきか参考にしてください。詳しくは契約条件は慎重にをご覧ください。

まずどのくらい費用がかかるのか把握してください

筆者が経験して改めて感じたことはできるだけコストをかけないやり方が一番いいということです。当たり前のことではありますが、SOHOくらいの規模でしたら自宅でもいいでしょう。全くバーチャルオフィスでも構わないと思います。その理由は費用はどのくらいかかるのかをご覧ください。

SOHOに役立つ形態とは何?

法人登記をしていなくてもネット通販をする場合運営者の住所を公開する必要があります。またサービスの信頼度を高めるためにも住所や電話番号、運営者の氏名などは公開することもあるでしょう。そんなときに役立つものがレンタルオフィスやバーチャルオフィスというものです。どちらも格安で事務所を開くことができます。

レンタルオフィスとは

サービスオフィスとも言います。単に事務所を借りるだけではなく、会社オフィスとしての機能も付いてきます。例えば受付などの秘書機能。これは電話応対や配達物の受け取りもしてくれます。電話は不在の場合は留守電または転送もしてくれます。

また部屋には家具も備え付けられています。IT業務だったらPCを持ち込めばすぐに仕事が始められます。もちろんインターネット接続もついています。事業を始めるにあたり低コストで済むことが魅力です。

バーチャルオフィスとは

法人登記ができる住所が借りられる。バーチャルオフィスとはそんな便利な形態です。所謂住所貸しです。例えば住んでいるのは埼玉だけど東京の住所で起業できる、そんなイメージです。サービスオフィスとの違いは会社として公開する住所と就業する場所が異なるという点です。

また別料金となるケースが多いのですが、電話の転送も可能です。つまり公開している電話番号宛にかかってくると、指定の番号に転送できます。これは固定電話だけでなく携帯電話も転送可能です。まさしくノマドオフィスですね。